ブログ

勉強って楽しい?

2020年2月15日 (土)


こんにちは!三浦です☆彡

 

やっと雪が降り、冬景色になったと思ったら雨が降り、ほとんど雪がなくなってしまいました。

嬉しいことなんですが・・・

なぜか寂しい気もします(;^ω^)

 

今日はE’s study開催日でした。

小中学生13名の参加でした。

特に中学校3年生は3月5日高校一般入試です。

最後の追い込みですね!

自分の力を発揮してもらいたいです。

 

さて今日は「勉強は楽しいのか?」をテーマに書いてみたいと思います。

 

勉強と聞いて「大好き!」と答える人はそんなに多くはないと思います。

私は嫌いというよりは・・・「大嫌い」でした。

それはなぜか!

わからなかったからでしょう。

わからなかったらつまらないですよね。

つまらないことは続かないし、集中しろ!と言われてもできないですよね。

しかし、この「大嫌い」は、もしかして私の誤解だったのかも、と最近は思えてきました。

それは、以前「学校生活支援員」という仕事をしていたときのことです。

この仕事はサポートを必要としてる生徒のお世話をすることです。

もちろん授業も一緒に受けます。

すると、意外に授業が楽しい(*^▽^*)

私は小学校高学年に着くことが多かったのですが、恥ずかしながら、この歳になって初めて知ることや、理解することが多く、目から鱗がボロボロ落ちる感じでした。

 

そうなると楽しく感じるんですよね(#^.^#)

なんで学生のときはこんな風に感じれなかったんだろう( ノД`)シクシク…

もっと勉強すればよかった。もっとわかるまで粘って、わかるまで食らいつけばよかった。

いろいろ思い返すと、わからないことをわからないままにしていたなぁ。。。

そして、もはやどこがわからないかわからなくなって、手が付けられなくなってしまったなぁ。。。

 

どこかで面倒くさい、どうせ私にはできないと決めつけて、たくさんのフィルターをかけて見ていました。

なんてもったいないことをしていたんだろう(反省)

 

ある本で読んだのですが、人のコミュニケーションは、数学的な考え「この人にこんなことをしたら喜んでくれるかも。こんなことをしたら悲しむだろう」といろいろ考えを巡らすこと。そこに言葉の深み(国語)、知識(社会、理科)、芸術(音楽、美術、スポーツ)が合わさって本当のコミュニケーションが取れるようになる。

勉強をしないことは、それだけ知識がなく、コミュニケーションが取れなくなってしまうということらしいのです。

社会はコミュニケーションの場です。

今まで勉強してきたことをフルに発揮し、最大のコミュニケーションが取ることができればいいですよね(^_-)-☆

 

そのためにも小学校の勉強で嫌いになったら、その後の勉強はますます嫌いになり、わからなくなり、ヤル気がなくなります。

子ども達に教えていると「あぁそうか!わかった!」と言われることが一番嬉しい言葉です。

私の力は小さいですが、そんな小さな「わかった」が積み重なったら少しは嫌いが少なくなるのではと思っています。

 

 

と言いながら・・・

今日小4の子に分数を教えましたが・・・

私の説明が悪かったなぁ・・・

こう言えばわかってもらえたか、あの時の図はもっとこうしておけばよかったと反省ばかりです。

 

私自身も質を高めていかないと!強く思った1日でした。

 

 

 

お気軽にお問い合わせ下さい。 0185(72)4133 ※電話をかけると、「長信田の森心療クリニック」につながります。電話に出たスタッフに、「相談センターにまわしてください」とお申し付けください。 受付:10時?17時 休日:毎週木曜日/日祝祭日 お申込・お問い合わせ